ユーザー登録
文字サイズ

平成30年4月1日から国民健康保険税が改正になります

平成30年4月1日から国民健康保険税が改正になります

国保の被保険者数が減少し、国保税の税収が減少する一方で、医療の高度化や被保険者に占める高齢者の増加等が重なり、年々保険給付費が増加しています。このため必要な財源を確保するために、国保税賦課額を11.4%引き上げる国保税率改正案を3月議会に上程しました。
議会の審議において、税率改正が大幅な引き上げであることから、1年間の猶予期間を設けこの間に次のことを行い、その上で市民にお願いすることが望ましいということになり、平成30年4月1日から、国保税率を改正することになりました。
1)税率改正の必要性を十分に説明し周知する
2)生活習慣病の早期発見や重症化の予防、レセプト点検の徹底など、医療費の適正化を図る
3)国保税の収納の強化
4)医療費抑制策など最大限の努力を十分に行う、など
今後市では、健全な国保運営のため医療費の適正化や被保険者の健康増進の取り組み、収納強化による負担の公平の確保等に鋭意、取り組むとともに、国保の現状等の分かりやすい広報を行い、市民の皆さんの理解を得られるように努め、税率改正の施行につなげていきます。

【保険税率】 平成30年4月1日より( )内は現行税率

【世帯事例による国保税の計算例】

~就職等で、他の健康保険に加入していませんか?~
4月から鯖江市国民健康保険以外の健康保険(職域保険)に加入していませんか?就職や家族の扶養に認定されたなどで他の健康保険に加入された場合、他の健康保険より市に連絡は届きませんので国民健康保険の資格喪失手続きをしてください。国民健康保険の資格喪失手続きをしない場合、他の健康保険に加入されていても国民健康保険税が課税され続けてしまいます。
【手続きに必要なもの】
1)職場の健康保険証(コピー可)
2)国民健康保険証
3)印鑑※加入者が複数の場合、1)、2)は全員分が必要。
【手続き場所】市役所1階市民窓口課、国保年金課6)番窓口
【問合先】国保年金課 TEL 53-2207、2208

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル