ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 令和元年10月号 通常版

高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ

16/46

福井県鯖江市

高齢者のインフルエンザ予防接種公費助成を実施しています。インフルエンザは、38℃以上の発熱、頭痛や関節・筋肉痛など全身の症状が急に現れ、高齢者や慢性疾患を持つ人は肺炎を伴うなど重症化することがあります。インフルエンザの予防接種は、重症化の予防効果が認められています。

対象者:鯖江市に住民登録があり、次のいずれかに該当する人
(1)満年齢65歳以上の人(昭和30年1月31日までに生まれた人に接種券を郵送します)
※65歳の誕生日以降でないと接種できません
(2)接種日に満年齢60~64歳で、心臓や腎臓、呼吸器の機能に障がいがあり身の回りの生活を極度に制限される人またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいがあり日常生活がほとんど不可能な人
※個人通知はしません。接種を希望される人は健康づくり課までお問い合わせください。
接種期間:10月1日(火)~令和2年1月31日(金)(休診日を除く)
負担金:2,000円(生活保護受給者は無料) ※公費助成は1人1回のみ
持ち物:接種券(通知のはがき)・健康保険証・負担金
接種場所:県内の指定医療機関(事前に医療機関に予約をしてください)
・市内の指定医療機関は下表のとおり。詳しくは市ホームページまたは健康づくり課にお問い合わせください。
・施設入所や入院等の理由により指定医療機関以外での接種を希望する人は、事前に健康づくり課に連絡してください。
その他:
・接種券を紛失した場合は、健康づくり課までお問い合わせください。
・高齢者用肺炎球菌の定期予防接種も下表の医療機関で受けることができます。対象者には、3月下旬に「予診票兼接種券」を郵送しています


※予防接種に関して気になることや分からないことがあれば、接種を受ける前に医師に相談しましょう。

問合先:健康づくり課
【電話】52-1138

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル