ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 令和元年11月号 通常版

まちの話題1

7/50

福井県鯖江市

◆高齢者30人、自動ブレーキ車体験(9月19日)
高齢ドライバーの事故をなくすため、県署と県が行う交通安全教室が高年大学で開かれ、ブレーキを踏まなくても自動停止する車を体験した参加者が驚きの声を挙げていました。

◆防災に意欲、キッズ防災士認定(9月22日)
防災士ネットワークさばえが新たに設けた資格「キッズ防災士」の認定式が行われ、6月から全5回の研修をとおして災害時の対応などを学んだ児童9人が認定されました。

◆若者が鯖江のまちづくり策を提案(9月16日)
第12回鯖江市地域活性化プランコンテストに全国各地から30人の若者が参加し、寸劇を取り入れたプレゼンテーションで若者ならではの施策を提案しました。※提案されたプランは今度、市や各種団体とともに具現化の可能性を探っていきます。

◆100歳迎える35人を祝福(9月18日)
市内では35人の方が本年度中に100歳を迎えられます。この日、記念品を受け取った方は「耳は遠くなったが、まだまだ元気」と笑顔で話しました。

◆Pick up news!! 県中学駅伝、中央中女子が2連覇!! 5度目の頂点へ! (10月1日)
この日、駅伝の全国大会予選を兼ねた県中学校駅伝競走大会が東公園陸上競技場を発着点に、男子6区間18Km、女子5区間12Kmのコースで開かれました。
中央中女子は選手全員が手の甲に「勝」の文字を書き、心を1つにしてレースへ。序盤、他チームにリードを許しましたが、2区でトップから22秒差の5位でたすきを受けた選手が区間記録に迫る6分35秒で一気に2位に浮上し、3区でトップに。その後、勢いそのままに4区、5区ともに力走をみせ、2連覇を達成しました。
この大会で、同チームは12月15日に滋賀県で行われる全中駅伝への出場権を獲得し、「優勝が最終目標。最高のレースがしたい」と全国に向けて気持ちを高めていました。

◇市内3中学校の結果
中央:女子1位、男子3位
東陽:女子3位、男子14位
鯖江:女子7位
なお、男女上位8校は11月23日に長野県で行われる北信越大会の出場権を獲得しました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル