ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 令和元年12月号 通常版

障がいに関係なく安心して暮らせるまちを目指して

14/43

福井県鯖江市

12月3日~9日は障害者週間です。障がいには先天性と後天性のものがあり、私たちの誰もが障がい者になる可能性があります。また、心臓や腎臓、聴覚、知的、精神など外見では分からない障がいもあります。障がいを理解し、障がいのある人もない人も互いに支え合いながら暮らせる共生社会のまちづくりを目指していきましょう。

◆障がいのある人の市内相談窓口

◆「親亡き後」を見据えた支援をしています
市では平成29年に「地域生活支援拠点センター『リノ』」を設置し、障がい者が地域で生活できるように支援しています。

◇活動内容
・親亡き後に関する相談や一人暮らしの相談
・緊急時の相談…受け入れ対応障がい者の家族などが急用により介護を行えない緊急時に備えて、事前に相談できる窓口を設置しています。
・発達障がいに関する相談および専門機関の紹介…相談窓口を開設し、電話での相談や自宅への訪問も行います。
・体験の機会や集いの場の提供…発達障がい児の交流の場『ころころ広場』(月1回)を開催。

▼市地域生活支援拠点センター『リノ』((福)光道園内)
平日:9:00~18:00【電話】42-8280
夜間・土日・祝日・12/29~1/3:【電話】62-1234
【メール】kyoten-rino@kodoen.or.jp

問合せ:社会福祉課
【電話】53-2217

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階