ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 令和元年7月号 通常版

まちの話題

11/52

福井県鯖江市

◆2019国連NY本部SDGs推進会議で市の取り組みを報告(6月6日現地時間)
市長はビデオ演説で、女性活躍社会の実現に向けた市の新たな取り組み『インポスター症候群ゼロ運動』を日本の自治体で初めてスタートさせたことなどを報告しました。

◆鯖江市役所JK課、県内で初めて最高賞を受賞(5月24日)
日本経営協会『第11回協働まちづくり表彰』で、最高賞グランプリに輝いたJK課のメンバーが市長表敬し「自分たちが楽しんでやってきたことが評価されて嬉しい」と笑顔で報告しました。

◆市内出身の武田舞彩(たけだまあや)さんを観光大使に任命(5月18日)
『めがねのまちさばえ観光大使』に任命された歌手・タレントの武田さんは「眼鏡や漆器など世界に誇れる鯖江の魅力を世界に発信したい」と大使としての意気込みを語りました。

◆鯖江高校体操部の選手5人が国際大会で好成績(6月12日)
5月に中国で行われた国際体操連盟個人種目別ワールドチャレンジカップに出場した5人が市長表敬し、それぞれに優勝や準優勝、上位入賞など好成績を収めたことを笑顔で報告しました。

◆子どもの目の健康増進に向け、眼育プロジェクト始動(5月20日)
市では新潟医療福祉大学と連携して、3歳から就学前の子どもを対象にした『見え方の検査キット』を製作しました。子どもたちは可愛い検査キットに遊び感覚で楽しく取り組んでいました。

◆めがねのまちさばえ大使通信 鯖江市×仮面女子オリジナル映画「つむぐ」完成上映会を文化の館で開催(6月8日)
鯖江市を舞台に、石田縞をテーマにしたオリジナルの短編映画「つむぐ」井上わたほ役の涼邑芹(すずむらせり)です!今回、初めての芝居、そして初主演させていただきましたが、私が納得のいくまで、監督と話したりと、素晴らしい環境で演じさせていただきました!この映画に関わった人全員に感謝の気持ちでいっぱいです。上映会当日は立見の人もいて、たくさんの人に観てもらえて感無量でした!私自身、日常の忙しさで見えなくなっていた家族など人と人との繋がり、つむいでいくことの大切さを考えさせられました。それぞれの〝何か〟が見える作品で、鯖江の綺麗な景色や魅力が、たくさん詰まっているので1人でも多くの人に見ていただきたいです!
※現在、漆器をテーマにした短編映画を制作中です。今後の映画上映については、決まり次第、広報さばえや市ホームページを通じてお知らせします。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル