ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 令和元年8月号 通常版

認知症~今と未来をみんなで創ろう~2

2/36

福井県鯖江市

◆〈地域で支える〉オレンジカフェ

〈オレンジカフェとは〉
認知症の人とその家族、認知症について不安のある人や地域の人など誰もが気軽に集える場です。コーヒーなどを片手にゆっくりと交流ができます。また、専門スタッフがいるので、認知症のことや医療・介護のこと、日々の生活で心配なことなど気軽に相談できます。

◇ オレンジカフェを開いている人に話を聞いてみました
▼オレンジカフェを始めたきっかけは何ですか
知人が家にこもりがちだと聞き、何とかしたいと思っていた時にオレンジカフェの話を聞いて「これだ!」と結びつきました。
初めは一緒に活動する仲間が見つかるか不安でしたが、地域で活動している団体の協力も得られ、多くの人の力を借りて、無事に開くことができました。

▼始めて良かったことは
来てくれた人が、元気になっていくことです。明るくよく話すようになった人や、最初は友達に連れて来てもらっていたのに、今では自分一人で来れるようになった人もいます。最近では自発的にカフェの手伝いを申し出てくれる人もいるくらいです。
また、カフェで同級生と再会したことがきっかけで同窓会を開いた人たちもいて、地域コミュニティの交流の場にもなっています。

▼今後はどうしたいですか
認知症は、誰もがなる可能性がある病気です。その予防にもつながる社会参加の場として、多くの人に利用してもらい、地域を活気づけていきたいです。

◇市内にあるオレンジカフェ
▼オレンジカフェさばえ
日時:毎週火曜日13:30~15:30 ※祝日・年末年始は除く
場所:街なか休憩所「らてんぽ」(本町2丁目古町商店会)
料金:無料(飲み物無料。持参もOK) ※セルフサービスです

問合先:地域包括支援センター
【電話】53-2265

▼かたかみ花カフェ
日時:毎週金曜日13:00~15:30 ※祝日・年末年始は除く
場所:片上公民館・研修室
料金:無料(飲み物無料。持参もOK)

問合先:地域包括支援センター
【電話】53-2265

▼鯖江きらめきうきうきサロン
製作活動、健康講習会、お食事(バイキング)など楽しい時間を一緒に過ごしながら、ふだんの困りごとを聞いて、介護されている人同士での交流の時間を作っています。(※途中参加、退席もOKです)
日時:毎月第2水曜日10:00~14:00
場所:鯖江きらめき・食堂(小黒町3丁目10-21)
料金:無料
※製作活動は企画による材料費、バイキングは500円が別途必要です。
内容:10:00~季節の製作や講習会、11:00~バイキング・お困りごと相談

問合先:鯖江きらめき
【電話】52-8050

◆〈市全体で支える〉認知症の人をみんなで支えるまちに
◇地域で見守る体制づくり
市では、認知症の人とその家族が安心して暮らせるように、地域で見守る体制づくりを進めるために行方不明者捜索訓練、高齢者などのひとり歩き声掛け訓練を各町内や地域で実施しています。
平成31年3月24日には、行方不明者の早期発見、早期対応、住民同士のネットワークづくりを目的として、行方不明者情報伝達訓練をご近所福祉ネットワーク活動事業を実施している下野田町で行いました。訓練内容は、町内のご近所福祉ネットワーク活動の委員と検討を重ね、行方不明者情報伝達訓練や寸劇、ミニ講座を実施しました。寸劇やミニ講座では、交番の警察官や認知症地域支援推進員、地域包括支援センターが実際の場面を再現し、認知症に対する理解や保護・発見時対応について具体的な対応を学びました。

◇地域見守り協定締結事業所と連携して早期発見
市では、企業や介護福祉施設、障害者施設など、現在33の事業所と地域見守りに関する協定を締結し、見守り活動にご協力いただいています。認知症高齢者が行方不明になった時には、各事業所は通常業務の範囲内で行方不明の人を発見できるよう市、警察と連携するなど、地域の見守り活動を行っています。

■〈フォーラム〉「認知症の人と一緒に歩みだそう!!」
日時:10月26日(土)13:30~15:30
会場:うるしの里会館・多目的ホール
費用:無料
講師:藤田和子氏

□藤田和子さんプロフィール
鳥取県在住現在56歳。元看護師
45歳の時にアルツハイマー型認知症と診断
認知症当事者の会「日本認知症ワーキンググループ」代表理事
著書『認知症になってもだいじょうぶ!そんな社会を創っていこうよ』(2017年)

■脳わくわくクラブに参加して認知症に強い脳を作ろう!!
認知機能のうち「エピソード記憶」「注意分割機能」「計算力」は年齢とともに低下しやすいとされています。これらの低下を予防するため、知的活動と有酸素運動を継続して行う「脳わくわくクラブ」を開催します。

◎脳わくわくクラブとは
「パソコン」と「旅行」のどちらかのプログラムと万歩計を利用したウォーキングの習慣化に、グループの仲間と共に取り組みます。

□「脳が喜ぶはじめてのパソコン」
テキストに沿って、パソコンの基本的な技術を学びミニコミ誌の内容を考え、ワードでミニコミ誌づくりが出来る程度を目標にしています。
※パソコンの貸し出しも可(台数制限有)

□「強い脳を作る旅行のすすめ」
グループの参加者で行き先を決め、行き先の観光情報や交通手段を自分たちで調べながら計画し、実際に旅行に出かけます。
※旅行にかかる交通費などの実費は自己負担

日にち:9月5・12・19・26日、10月3・10・17・24日、11月7・14・21・28日(全て木曜日、全12回)
時間:13:30~15:30
場所:アイアイ鯖江
対象者:市内在住の65歳~80歳
定員:各15人(先着順)
参加費:無料(旅行は実費負担あり)
申込〆切:8月30日(金)

問合せ・申込先:地域包括支援センター
【電話】53-2265

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル