ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 令和元年9月号 通常版

まちの話題

7/45

福井県鯖江市

◆寄贈された沈金作品12点を展示(8月1日)
沈金師の窪田嘉政さん(下新庄町)に「えと」をテーマにした作品の複製12点を市に寄贈していただきました。この作品は庁舎3階ギャラリーでご覧いただけます。

◆双子が誕生、すくすく成長中(7月12日)
西山動物園のレッサーパンダ、モッチー(4歳)とまつば(5歳)の間に可愛い双子の赤ちゃんが誕生しました。一般公開は10月頃を予定しています。

◆学ぼう!遊ぼう!河原でGO!(8月6日)
川遊びを安全に体験してもらう同イベントが日野川で開催され、小学生の親子約60人が参加。水上ボートやライフジャケットを着ての川遊びなどを体験しました。

◆約270人が文化芸術体験に夢中(7月21日)
園児や小中学生が文化芸術を体験するイベント「まなべDEわくわく‼アートフェスタ」が開催され、参加者はワークショップなどに真剣な表情で取り組みました。

◆お清水で、涼を楽しむ(8月10日)
福井のおいしい水に認定されている桃源清水で「桃源清水を楽しむ集い」が開催され、流しそうめんやスイカ割りなど、参加者は楽しい夏の思い出をつくりました。

◆世界大会に参加し、価値観広がる(8月9日)
世界中のボーイスカウトが集まる4年に1度の大会「第24回世界スカウトジャンボリー」に参加した市内の高校生3人が市長表敬し、大会の様子を報告しました。

◆鯖江に恐竜が上陸!原画展「わくわくきょうりゅう探検隊」開催(8月3日~9月4日)
恐竜漫画家として知られるヒサクニヒコさんの県内初の原画展が、9月4日までまなべの館で開催されています。恐 竜の成長を描いた絵本「きょうりゅうぺぺのぼうけん」の原画約100点や、リアルな恐竜が描かれた児童向け絵本「恐 竜研究室」の原画約50点などが展示され、間近に見ることができる貴重な機会です。ぜひお越しください。

◆Pick up news!! 鯖江高校JRC 部が高校生ボランティア・アワード2019に参加(7月29・30日)
パシフィコ横浜で開催された同イベントは全国の高校生たちの“ささやかで偉大な活動”を応援・表彰し、日々地道な奉仕活動を実践する高校生の発表・交流の場として、さだまさしさんが主催。今年は全国から96団体が参加しました。
同校は「ふるさとから世界へ-人道・奉仕-」をテーマに予選を通過。6人が参加したブース発表では「花と緑」「こども・国際・防災」ボランティアを中心に日頃の活動を紹介しました。鯖江のシンボルでもあるメガネやレッサーパンダでブースを彩り、市デジタルパンフレットで市の魅力を全国に発表。テツandトモさんやももいろクローバーZのメンバーもブースを訪れました。部長の生徒は「この2日間を通して、同世代で同じ志を持って頑張っている仲間が全国にいることを実感し、勇気が出た。これからも『社会に対してどんな行動をすべきか』を考え、『人のために行動することが自分自身の成長につながる』という、強くやさしい心を持ち続けたい」と感想を話しました。
※JRC部とは、Junior Red Cross(青少年赤十字)の略で、主にボランティア活動を行っています。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル