文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題

3/21

秋田県鹿角市

■世界水準を目指すDMO推進室の設置
株式会社かづの観光物産公社で行うDMO事業が、観光庁の「世界水準のDMO形成促進事業」に選定されました。
観光地域づくり法人(DMO)は、地域内のさまざまな関係者を巻き込み、観光の「稼ぐ力」や地域への愛着・誇りを醸成するため、観光による地域づくりの舵取りを行うものです。
かづの観光物産公社では選定を受け、同社内に「DMO推進室」を設置しました。専門人材を3人配置し、観光DMO事業にさらなる磨きをかけるとしています。

■子どもたちが北限の桃を収穫
9月9日、花輪北小学校の6年生22人が、北限の桃の収穫体験を行いました。
地元農家の山本喜代宏さんの果樹園では、北限の桃の主力品種「川中島白桃」が旬を迎え、山本さんの指導のもと、収穫体験を行いました。
子どもたちは、笑顔を見せながら、丁寧に収穫していました。

■厳かに奉納大森親山獅子大権現舞(おおもりしんざんししだいごんげんまい)
9月15日、県の無形民俗文化財に指定されている「大森親山獅子大権現舞」が尾去沢の八幡神社で奉納されました。
尾去沢鉱山発見に由来するといわれるこの神楽は、500年以上の歴史があるとされています。最後の米汲みの舞は、獅子頭が旧暦元旦に若水を汲んで飲むというもので、伊勢神楽に通ずる県内他地域に見られない特異なものです。
参拝に訪れた人は、笛や太鼓の音に合わせて演じられる躍動的な舞に拍手を送っていました。

■生き生き鹿角市民!こくほ標語コンテスト
健康について考え、日ごろの生活習慣などを見直すきっかけになるような標語を募集したところ、15作品を応募いただき、審査の結果、本紙6ページに掲載の6作品が選ばれました。

問合せ:市民課 国保医療班
【電話】30-0222

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU