文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染拡大中!

11/41

福井県鯖江市

全国および県内では、新型コロナウイルス感染者が急増しています。市民の皆さんは、マスク着用や「三密」の回避など、感染対策を再徹底するとともに、飲酒を伴う懇親会や大人数や長時間におよぶ飲食など、感染リスクが高まる場面に注意するなど、常に自分事として考え行動しましょう。

■感染対策の再徹底
・マスク着用の徹底(外した時は扇子などを活用)
・換気の徹底など「三密」を回避
・毎日の検温など体調管理の徹底
・県外訪問先における感染対策の徹底
・「感染防止徹底宣言」ステッカーの掲示

■感染リスクが高まる行動に注意
注意力の低下や気の緩みなどによる感染リスクが高い行動を避けて、感染拡大防止にご協力をお願いします。

●感染リスクが高まる「5つの場面」
〇場面(1) 飲酒を伴う懇親会等
・飲酒の影響で注意力が低下する。また、聴覚が鈍磨し、大きな声になりやすい。
・特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まる。
・また、回し飲みや箸などの共用は感染のリスクを高める。

〇場面(2) 大人数や長時間におよぶ飲食
・長時間におよぶ飲食、例えば深夜のはしご酒では、昼間の通常の食事に比べて、感染リスクが高まる。
・また大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなるため、感染リスクが高まる。

〇場面(3) マスクなしでの会話
・マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まる。
・マスクなしでの感染例としては、昼カラオケや野外のバーベキューでの事例が確認されている。

〇場面(4) 狭い空間での共同生活
・狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まる。
・寮の部屋やトイレなどの共用施設での事例が確認されている。

〇場面(5) 居場所の切り替わり
・仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがある。
・休憩室、喫煙所、更衣室での事例が確認されている。車やバスで移動する際の車中でも注意が必要。

■新型コロナウイルス感染症に係る寄付をいただきました
市での感染予防に役立ててほしいと寄付を頂きました。温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。
・株式会社 タイヨー(ハンドジェル 300個)
・パッケージプラザ福井問屋店(子供用マスク 10,000枚)
・株式会社 オルフ(マスク 20,000枚)
・田中設備(AIエッジ解析処理カメラ 1台)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU