ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 令和2年2月号 通常版

まちの話題1

6/48

福井県鯖江市

◆〈Pick up news!!〉日野川に多くのサケが遡上!産卵も確認!! (12月10日)
市がサケの放流事業を始めてから8年、年々遡上してくるサケの数も増えて、今年度は40匹以上が確認された地点もありました。
今回、日野川漁業協働組合より、ドローンで空中から撮影した映像と水中カメラで撮影した映像が提供されました。その中には産卵をしているようなシーンも確認でき、日野川の河川環境の良さが伺えます。
下記のとおり、今年もサケの稚魚放流を行う予定です。当日参加も可能ですので、お気軽にお越しください。

◇サケの稚魚放流会に参加しよう
日時:3月8日(日)
場所:日野川の石田橋左岸河川敷
※時間など詳しくは、エコネットさばえ(【電話】52-0050)までお問い合わせください。

◇サケ遡上の様子
エコネットさばえのホームページから見られます。
※QRコードはPDF版をご覧ください

◆鯖江の将来は!「タイムリーさばえ」開催(12月14日)
この催しでは、市民が鯖江の歴史と今を知るとともに、将来の鯖江市がどのようなまちでいられるのかについて考え、意見を交わしました。

◆鯖高女子7年ぶり、都大路を走る(12月22日)
同校は京都で行われた全国高校駅伝競走大会に出場し、1・2年生中心の若いチームながら、目標とする30位台でゴールし、来年以降に繋がる走りをみせました。

◆鯖江市ジュニア体操選手団が帰国報告(12月25日)
同選手団は、12月12~19日の一週間、中国で強化合宿を行いました。選手たちは牧野市長を表敬し「中国の選手は上手だった。負けないように練習したい」と語りました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階