ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 令和2年4月号 通常版

第2期鯖江市まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定しました2

10/49

福井県鯖江市

◆~世界のめがねの聖地SABAEの確立~に向けた4つの基本目標と4つの重点施策と19の基本施策

◇世界のめがねの聖地SABAEの確立に向けた組織強化
・職員の資質向上
・健全で効率的な行政運営
・人権尊重と地域連携の推進

■各基本目標における、講じるべき施策の方向性
□1. 魅力ある雇用の創出
▼KPI(成果指標)
成長分野における従業者数:[2018年]235人→[2024年]330人

(1)地場産業の技術を活かした新産業の創造
眼鏡産業におけるチタンの微細加工などの技術優位性を活かし、医療やウェアラブル端末などの成長分野への進出を促し、技術開発や新たな販路開拓の支援を強化します。

(2)既存産業の高度化
産学官連携による研究開発、IT・AI・IoTの導入、有識者など必要な人材の企業間シェアなどを支援。自ら製品化し販売する「作って売る産地」への転換を推進します。

(3)若者に魅力ある働く場の確保
成長分野への進出やサテライトオフィスの誘致、後継者のいない企業への事業承継者の公募などにより、若者や女性の就業につなげます。

(4)女性が輝くまちの創造
女性が活躍しやすいまちの実現に向けた研究・啓発や働く女性をまち全体で応援する事業、ワーク・ライフ・バランスの推進などにより、女性の多様な働き方を応援します。

(5)楽しくてもうかる農業経営の確立
ブランド農産物の栽培や販路開拓の支援、農地の集積・集約によるコスト削減やロボット技術・情報通信技術の活用などにより、収益性の高い、持続性のある農業経営の確立を支援します。

□2. 若者が住みたくなるまちの創造
▼KPI(成果指標)
若者の社会減の抑制:[2018年]△52人→[2024年]30人

(1)若者の夢を応援するまち学生連携事業やU・Iターン者支援事業などを通じて、若者のチャレンジを全力でサポートします。

(2)さばえファン(関係人口)の獲得
本市の先駆的な取り組みや魅力ある資源を広く発信し、本市に関心を持ち関わりを持ちたいと思う人や企業、大学を増加させ、将来的に移住・定住人口につなげていきます。

(3)河和田キャンパス(創造産地)の構築
「うるしの里」河和田地区の伝統産業や自然、文化などの地域資源を活用した交流事業などにより、交流人口や移住・定住人口の増加を図ります。

(4)ものづくり教育とふるさと学習の推進
伝統ある地場産業や地域の歴史、文化を学ぶことを通じて、ふるさとへの愛着と誇りを持ち、豊かな人間性・社会性を持った児童生徒を育みます。

(5)参加と協働による市民主役
市民がふるさとに愛着や誇りを持ち、自らが市政に直接的に参画するような市民主役、全員参加の活気あるまちづくりに努めます。

(6)地域資源を活かす観光の推進
冠山峠道路の開通で見込まれる人の流れを見据え、県内外との広域連携も視野に、インバウンド消費にも対応できる産業観光の振興を図ります。

□3. 若くて元気なまちの創造
▼KPI(成果指標)
出生数:[2015~18年の平均]582人→[2020~24年平均]620人
(1)安心して結婚・出産・子育てができるまち
子育ての喜びが実感できるとともに、安心して子育てができるよう、妊娠期から学齢期まで切れ目のない子育て支援に取り組みます。

(2)子どもがいきいきと過ごすまち
IT機器を活用した授業や読書活動の推進、SDGs教育、スポーツ環境の充実など、健康な心身の育成を図り、豊かな心、たくましい体を育む環境づくりを進めます。

(3)生涯現役で生涯青春のまち
誰もが生涯にわたり、健やかで自立した生活を送りながら、長寿による豊かさを実感できるよう、高齢者が活躍できる環境づくりを進めます。

□4. 安心で快適に暮らせるまちの創造
▼KPI(成果指標)
快適に暮らせると感じる人の割合:[2018年]75.9%→[2024年]80%

(1)デジタルファーストの推進
行政手続きの電子申請化により、自宅での行政手続きを可能にするなど、誰もがデジタル化の恩恵を受けることができる環境整備を推進します。

(2)魅力あふれるまちなかの創造
都市機能や居住区域を集中させるコンパクトシティを推進するとともに、西山公園をさらに充実し、民間力も活かしつつ、まちなかの魅力向上に努めます。

(3)幹線交通網の変化を見据えた二次交通網の整備
北陸新幹線敦賀開業に伴う幹線交通網の変化を見据えて、「つつじバス」の利便性向上や新たな交通手段の導入など、二次交通網を構築します。

(4)強靭で安全・安心なまち
市民の防災への意識を高め、市民と行政が協働で防災・減災に取り組むなど、全ての市民が安全で安心して過ごせる環境を整えます。

(5)環境にやさしい魅力的なまち
自然環境や生活環境の保全を推進するとともに、環境に配慮して行動する人材育成に取り組みます。

詳しくは、市ホームページに 掲載しています
※QRコードはPDF版をご覧ください

問合せ:めがねのまちさばえ戦略課
【電話】53-2263

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階