ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 令和2年4月号 通常版

Information 情報ガイドー催し・講座ー(催し)

38/49

福井県鯖江市

◆花ものがたりー野の花を描く作家助田茂蔵と女流作家たち
「花」をテーマにした企画展。平成5年から6年間連載された広報さばえ「さばえ草木譜」で鯖江の四季の花々を紹介し、野の花を描く作家として親しまれた故助田茂蔵氏の作品を中心に、鯖江で手工芸に携わる女流作家たちの織り成すアートの世界も紹介します。
日時:4月25日(土)~5月17日(日)9時~17時 
※入館は16時半まで
※4月27日(月)、5月7日(木)・11日(月)休館
場所:まなべの館・展示ホール2
料金:無料

◇展示
・助田茂蔵作品(孔版画・水彩画)
・女流作家7人の作品(かとうこづえ(和紙造形作家)、佐々木理恵(染織家)、鈴木美央(木彫刻家)、高野博代(沈金師)、谷口舞子(草木染アクセサリー造形作家)、ますざわなおこ(カケラアート作家)、もうりゆかり(陶芸家)

◇ワークショップ
▼ミニハーバリウム作り
日時:5月9日(土)13時半~

▼多肉苔玉作り
日時:5月16日(土)13時半~

▼ミニリース作り
日時:5月17日(日)13時半~

▼いずれも
定員:各10人(先着順)
料金:5百円~2千円(材料費)

問合せ:まなべの館
【電話】51-5999

◆まなべの館 展示スケジュール
日程:4月4日(土)~5日(日) ※最終日は15時まで
内容:福井県愛瓢会(あいひょうかい)品評会…「瓢箪は心の糧」さまざまな瓢箪、太鼓のようなもの、親指位なもの、長かったり丸かったり、さまざまに加工されたもの。「ひょうたんから駒」きっと良いことが。ひょうたんで癒されに、ぜひお越しください。
場所:ホール1
時間:9:00~17:00
入場料:無料
※4月の休館日は、6日(月)、13日(月)、20日(月)、27日(月)

問合せ:福井県愛瓢会(笠原さん)
【電話】62-0677

◆西山公園 夜桜ライトアップ
桜の名所「日本の歴史公園百選 西山公園」で幻想的な夜桜をお楽しみください。

◇桜のライトアップ
日時:4月上旬~18時~21時 ※桜が散り次第終了

問合せ:都市計画課
【電話】53・2239

◇ボンボリ点灯
日時:4月上旬~18時~21時 ※つつじの見頃終了まで(5月中旬予定)

問合せ:(一社)鯖江観光協会
【電話】52-2323

◆インスタグラムフォトコンテスト さ映えで鯖江とつながろう
「さ」から始まる映える写真を応募して、鯖江とつながるインスタグラムフォトコンテストを開催しています。
「さ」から始まる写真であれば、鯖江市に関係ない写真でも何でも投稿OKです。さざなみ、さつまいも、さくら、さばえ菜花など、あなただけの「さ映え」を探して応募してください。
対象:どなたでも(応募は1人何回でも可)
応募方法:次の(1)~(4)の応募条件を満たして投稿してください。
(1)インスタグラムの市公式アカウント@sabae.cityをフォロー
(2)「さ」から始まる写真を選ぶ
(3)投稿に#さ映えフォトをつける
(4)鯖江の知っていることを書く
入賞賞品:千円~3万円相当のギフト券または鯖江の特産品
※入賞者にはDMから当選通知を送ります。10日以内に返信がない場合、入賞は無効になります。ご注意ください。
応募期間:4月30日(木)まで

問合せ:秘書広報課
【電話】53-2203

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階