ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 令和2年5月号 通常版

健幸コラム vol.17

24/27

福井県鯖江市

◆おうちでフレイル予防をしましょう! 予防の3本柱「栄養・運動・人とのつながり」
フレイル(虚弱)とは、年をとって心身の活力(筋力、認知機能、社会とのつながり)が低下した、「健康な状態」と「介護が必要な状態」の中間の状態のこと。外出を控え、家の中でも動くことが少なくなると、身体や頭の動きが低下し、生活動作がしにくくなったり、疲れやすくなったりし、フレイルが進んでいきます。

◇予防の3本柱
▼栄養
・免疫力維持のため、バランスよく食べましょう
・たんぱく質が多く含まれる肉・魚・大豆製品、骨を強くする牛乳・乳製品を多くとりましょう
※ 食事制限がある人は、かかりつけ医の指示に従ってください。

▼運動
・立ったり座ったりする時間を増やしたり、椅子に座って足踏みをしてみましょう
・ラジオ体操のような自宅でできる運動も筋肉の衰え予防に役立ちます

▼人とのつながり
・フレイルになる一番最初のきっかけは、人とのつながりが減ることと言われています
・直接会えない代わりに、電話やメールで連絡をとり、つながりが途切れないようにしましょう

◇お口の機能低下でフレイルにならないために!
・毎食後、寝る前の歯磨きを徹底
・義歯の清掃もとても大切
・ものを噛む力や飲み込む力が落ちると、食べ物がのどに詰まりやすくなる

(1)だ液腺マッサージ~
だ液腺をやさしく刺激することで、唾液がたくさん出るようになり、食べ物が口中でまとまり、飲み込みやすくなります。
・耳下線(じかせん)
・顎下線(がっかせん)エラの下辺り
・舌下線(ぜっかせん)あご裏中央辺り

だ液腺をやさしく刺激することで、唾液がたくさん出るようになり、食べ物が口中でまとまり、飲み込みやすくなります。
お口の機能低下でフレイルにならないために!
(2)お口の体操
■パタカラ体操(できるだけ大きな声を出しながら)
・「パパパ、タタタ、カカカ、ラララ」
・「パタカラ、パタカラ、パタカラ…」
と続けて発音(5回)

■早口言葉(お好みのフレーズで試してみましょう)
・赤巻紙、青巻紙、黄巻紙
・隣の客はよく柿食う客だ

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階