ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 令和2年5月号 通常版

新型コロナウイルス感染症対策特集1

2/27

福井県鯖江市

【市民の皆さんへ】
新型コロナウイルス感染症に関する情報と鯖江市の対策についてお知らせします。
感染に十分注意するとともに、不確かな情報に惑わされることなく落ち着いて行動しましょう。
※4月17日時点の情報です。最新の情報は、市ホームページで確認してください。
※市役所への不要不急の来庁は控えてください。

・鯖江市新型コロナウイルス[検索]

◆感染したかも、と思ったら
発熱など、風邪の症状がみられるときは、会社などは休んでください。
次のような症状がある人は、「帰国者·接触者相談センター」に相談してください。
・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く人(解熱剤を飲み続けなければならない人も含む)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある人
・高齢者や妊婦、糖尿病や心不全などの基礎疾患のある人や透析を受けている人などは、上記の状態が2日程度続く場合
※小児について、現時点で重症化しやすいとの報告はありません。新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。

問合せ:帰国者·接触者相談センター(丹南健康福祉センター内)
【電話】51-0034
※休日や夜間は携帯電話番号がアナウンスされます。そちらを利用してください。

◆市民の皆様へ
新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、4月16日、「緊急事態宣言」の対象地域が全国に拡大されました。
本市においても、今が非常に重要な局面であると考え、5月6日まで小中学校の臨時休業、5月10日まで公共施設の貸館停止や西山公園の入園制限など、いまだかつてない措置をとらせていただいております。
また、5月から6月にかけて、市民の皆様に慣れ親しんでいただいているイベントを中止または延期するなど、全市を挙げて感染拡大防止に取り組んでおります。
世界中で戦後最大の危機と言われるこの事態に、昼夜を問わず検査や医療に従事されている皆様に、心からの敬意を表します。医療の現場を守るためにも、市民の皆様には、「うつらない」「うつさない」ために、密閉、密集、密接の「3密」を徹底的に避けてください。手洗いや消毒、咳エチケットについても、引き続き徹底をお願いします。
県外への不要不急のお出かけを控えていただくとともに、週末や夜間に加えて、平日の外出も控えていただくようお願いします。
市民お一人お一人が、気を緩めることなく、自分事として、自分の、家族の、そして周囲の人の命を守る行動を強く切望いたします。
学校の臨時休業の期間延長にご協力いただいている皆様、子どもたちや、医療・介護施設のためにとマスクをご寄付いただいた皆様、本当にありがとうございます。地元のお店を応援するため、「テイクアウトさばえ」のサイトも立ち上がりました。
今こそ他人を思いやる「互助」の精神で、この困難を乗り切っていこうではありませんか。私は、この市民の結束の先に、鯖江市の更なる発展があると確信しています。どうか、市民の皆様のご理解とご協力を切にお願いいたします。

令和2年4月17日鯖江市長 牧野百男

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階