ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 令和2年5月号 通常版

民生委員・児童委員は身近な相談相手です

10/27

福井県鯖江市

毎日の暮らしの中で、心配ごとや悩みごとはありませんか。さまざまな相談に応じて、地域で起こる問題の早期発見・解決に努めたり、必要な支援が受けられるように専門機関へのつなぎ役になるのが「民生委員・児童委員」です。

◆民生委員・児童委員とは
民生委員は、地域住民の立場で地域福祉を担うボランティアです。職務の重要性に基づき、厚生労働大臣から委嘱を受けて活動を行い、児童委員も兼ねています。他に子どもや子育てに関する支援を専門に担当する主任児童委員がいます。市内では118人の民生委員・児童委員と12人の主任児童委員が活動されています。

◆民生委員・児童委員の活動とは
◇社会調査
一人暮らしの高齢者、生活上の問題を抱えている人、子育て世代などへの、声掛け・訪問・見守りなどをとおして、住民の実態や福祉ニーズを日常的に把握します。

◇連絡通報
支援を求める住民が必要な福祉サービスを受けられるよう、関係機関に連絡し必要な対応を促すパイプの役割をつとめます。

◇相談・情報提供
悩みごとや心配ごとを抱える人の立場に立ち、親身になって相談に乗ります。また、社会福祉の制度やサービスについて、内容や情報を住民に的確に提供します。

◇ご近所福祉ネットワークの推進
支援を必要としている人をいち早く発見し、地域が力を合わせて、お互いに負担にならない範囲で、声掛け・訪問・見守りや生活支援をしていきます。

問合せ:社会福祉課 
【電話】53-2264

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階