ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 令和2年7月号 通常版

国民健康保険・後期高齢者医療の保険証などについて

15/33

福井県鯖江市

◆8月から保険証が新しくなります
新しい保険証を7月中旬から世帯ごとに簡易書留郵便で送付します。色は下記のとおりです。8月1日からは新しい保険証を利用してください。現在の保険証は、8月1日以降市役所にお返しいただくか、各個人で処分してください。新しい保険証が届かない、または保険証の内容に誤りがあった場合はお問い合わせください。

◇更新する保険証の変更内容

◆医療機関での支払いを自己負担限度額までに抑えたい人へ
◇限度額適用認定証、限度額適用・標準負担額減額認定証の更新、新規交付について
支払いを限度額までにするには、次の認定証が必要です。自己負担限度額は、毎年8月に前年分の所得をもとに判定されるため、認定証も更新されます。更新手続きは、保険の種類によって異なります。
(1)限度額適用認定証…入院や通院時に提示すると、医療機関の窓口負担が自己負担限度額までとなります。
(2)限度額適用・標準負担額減額認定証(住民税非課税世帯の人が対象)…上記に加えて、入院時の食事代も減額となります。

◇国民健康保険の場合
8月以降に必要な場合は、更新や新規交付の手続きが必要です。ただし、国民健康保険税を滞納している世帯には交付されません。
申請場所:国保年金課
持ち物:国民健康保険被保険者証、認印、本人確認書類(運転免許証など)

◇後期高齢者医療の場合
(1)または(2)が交付されている人で8月以降も交付対象となる人には、新しい認定証を新しい保険証に同封して7月中旬から送付します。ただし、同一世帯に令和元年分所得の未申告者がいる場合は、交付対象者かどうかの判定ができないため送付できません。未申告者が申告をして交付対象となる場合には、申請により(1)または(2)を交付します。

◆一人当たりの医療費が伸びています
◇市国民健康保険の現状について
市国民健康保険は、被保険者(国保加入者)の減少が続くなか、一人当たりの医療費は伸びており現状は次のとおりです。また、医療費は、医療技術の高度化、新薬の登場などにより、今後もさらに膨らむと考えられます。

◇市国民健康保険の一人当たりの医療費(一人当たり年間医療費 )
4年間で13.9%伸びている
平成26年度:344,764円/人
平成30年度:392,766円/人

◆医療費の適切な使い方について
国民健康保険は、みんなで支えている制度です。一人一人が医療費の適切な使い方に心掛けましょう。

◇かしこい受診方法を心掛ける
・かかりつけ医・歯科医・薬局をもつ
・お薬手帳を活用する
・ジェネリック医薬品を利用する

◇日頃から健康づくりに取り組む
・定期的な運動
・適切な食生活

◇早期発見・治療で重症化を予防する
・定期的に健康診断などを受ける

問合せ:国保年金課
【電話】53-2208

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階