文字サイズ
自治体の皆さまへ

春は火の取り扱いにご注意を

13/41

福井県鯖江市

3月20日~26日は春の火災予防運動

◆防火標語(令和2年度全国統一防火標語)
『その火事を防ぐあなたに金メダル』

■令和2年の火災の状況
令和2年中に市内で発生した火災は14件で、前年と比較すると4件減少しました。火災種別ごとの件数は、建物火災が10件と7割以上を占め、その他の火災が3件、車両火災が1件で、建物火災により、死者2人、負傷者2人が発生しています。損害額の合計は7,016万7千円で、1件あたりの平均損害額は501万2千円となっています。
在宅時間が長くなっていることから、自宅での火の取扱い、電気製品の取扱いなどに十分注意しましょう!

■住宅火災の主な原因
〇コンロ
コンロ周囲に燃えやすいものを置かない。火をつけたまま離れない
〇たばこ
火種が消えたか確認する。吸い殻を山盛りにしない
〇ストーブ
周囲に燃えるもの(布団やカーテン、洗濯物)を置かない
〇電気器具類
コンセントに溜まったホコリは定期的に清掃。たこ足配線はしない
〇火遊び
マッチやライターは子どもの手の届く場所に置かない
〇ローソク
誰もいない部屋でローソクをつけたままにしない
〇放火
家の周囲に燃えやすいものを放置しない

問合先:鯖江・丹生消防組合
【電話】54-9112

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU