文字サイズ
自治体の皆さまへ

自閉症、発達障害について理解を深めましょう

15/40

福井県鯖江市

4月2日「世界自閉症啓発デー」
4月2日~8日「発達障害啓発週間」

自閉症は生まれつきの脳の機能障害で、発達障害のひとつです。気持ちをうまく伝えられず、周囲から理解されにくい障がいですが、優れた能力を持っている人もいます。国連では、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」とし、自閉症をはじめとする発達障害に対する理解を広めるため、各所でランドマークのブルーライトアップなどの啓発活動が行われています。また、4月2日~8日は「発達障害啓発週間」です。自閉症の人や発達障害のある人への理解を深め、自分にできる配慮や工夫を考えてみましょう。それが、誰もが暮らしやすい心豊かな社会をつくることにつながります。

■配慮(例)
◇あいまいな表現や社会のルールなどの暗黙の了解を理解することが苦手です。
短い文で具体的に伝えましょう。
×「ちょっと待って」
◎「椅子に座って、5分間待って」

◇目に入る物事や聞こえてくる音などに敏感で、集中できないことがあります。
安心できる環境を作りましょう。
◎周囲を区切る
◎テレビの音を消すなど刺激を減らす

■発達障害に関する相談
市では、(福)光道園に発達障がい相談支援事業所「とことこ」を設置しています。出前相談会の開催のほか、電話での相談や自宅への訪問も行います。また、発達障がい児のための交流の場として、月1回『ころころ広場』を開催しています。

◇発達障がい相談支援事業所「とことこ」
・平日…9時~18時【電話】42-8280
・夜間・土・日・祝日・年末年始…【電話】62-1234
【E-mail】kyoten-rino@kodoen.or.jp

問合先:社会福祉課
【電話】53-2217

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU