ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 平成29年11月号通常版

障害年金をご存じですか?

12/48

福井県鯖江市

障がいのある人が次の3つの要件を全て満たしている場合、国民年金・厚生年金保険の障害基礎年金や障害厚生年金を受けることができます。
1 年金制度加入中に初診日があること
※初診日が20歳前または60歳から65歳までの年金未加入期間中の人は、障害基礎年金の対象です。
2 一定の障害の状態にあること
3 保険料納付要件を満たしていること

障害年金を受けるには本人または家族による年金の請求手続きが必要です。市役所または年金事務所へご相談ください。

◯手続先
・障害基礎年金…市役所または年金事務所
・障害厚生年金…年金事務所

※ご注意ください!
「障害者手帳の障害等級」と「国民年金・厚生年金保険障害等級」は診断基準が異なるため、手帳の交付を受けても障害年金は受けられないこともあります。

◆障害基礎年金受給への備え ~国民年金保険料の免除制度について~
経済的な理由などで国民年金保険料を納付することが困難な場合、申請者・配偶者および世帯主、それぞれの前年の所得が基準額以下であれば、申請により保険料の納付が免除・猶予される制度があります。
また、離職して国民年金に加入した際に国民年金保険料を納付することが困難な場合、所得に関係なく該当する場合がありますのでご相談ください(必要書類:雇用保険被保険者離職票、雇用保険受給資格証明書など)。
※保険料の免除や納付猶予を受けた期間は障害基礎年金の保険料納付要件(保険料納付期間)の計算に反映されます。ただし、一部免除の場合、保険料を納付しなければ反映されません。

問合せ:国保年金課 TEL/53-2207、武生年金事務所国民年金課 TEL/23-1124

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル