ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 平成29年5月号通常版

̶民生委員制度は創設100周年を迎えました̶ “これからも地域とともに”

12/52

福井県鯖江市

5月12日は「民生委員・児童委員の日」です
福井県では1,852人、全国では約23万人が活動しています。

-民生委員・児童委員は地域の見守り役、地域住民の身近な相談相手、専門機関へのつなぎ役です-
 民生委員・児童委員は、定められた担当区域において高齢者などの見守りや安否確認、子どもたちへの登下校時の声掛けなどを行っています。
 民生委員は、児童福祉法に定められた児童委員を兼ねています。子どもや子育てに関する支援を専門に担当する主任児童委員もいます。地域住民の立場に立って、生活上の心配ごとや悩みごとなどさまざまな相談に応じ、相談内容に応じて必要な支援が受けられるよう専門機関へのつなぎ役になります。
 生活上での困りごとがあるときは、担当区域の民生委員・児童委員にお気軽にご相談ください。秘密は固く守ります。

鯖江市民生委員児童委員協議会では地域でこんな活動をしています
●民生委員・児童委員とは
 市には115人の民生委員・児童委員と12人の主任児童委員がおり、それぞれの地区で活動をしています。民生委員は児童委員を兼ねており、役割は暮らしのなかで悩みや問題が生じた人に、同じ地域の住民という立場で相談にのり、解決する機関へとつなぐパイプ役です。
 毎日の暮らしの中で、心配な事や不安な事があり、誰に相談すればよいのか分からないような場合には、お住まいの地区の民生委員・児童委員にご相談してみてはいかがでしょうか。
● 誰がどうやってなるの?
 民生委員・児童委員になるためには、お住まいの地区の区長会長の推薦が必要となります。地区での審査を経て、市および県が審査し、厚生労働大臣から委嘱されます。
 委員の任期は1期3年間で、再任も可能です。
 昨年は民生委員・児童委員の改選の年で、12月から新しい民生委員が、担当地区で日常生活の相談支援活動などを行っています。
●どんな活動をしているの?
 高齢者・障がい者・子育て世帯の訪問や見守り、住民からの相談対応をはじめ、行政や社会福祉協議会、学校等と連携・協力した活動を行っています。また、地域の福祉力を高めるため、『ご近所福祉ネットワーク活動』の推進にも取り組んでいます。
 毎年5月12日は「民生委員・児童委員の日」と定め、12日から一週間を「活動強化週間」とし、民生委員活動を市民の皆さんに理解していただくための取り組みを行っています。
● ご近所福祉ネットワーク活動って?
 近年、地域のつきあいの希薄化などにより、困っている人が気軽に助けを求めることができなかったり、周囲の人がそのことに気付かなかったりすることがあります。
 そこで、町内などの小地域で支援の必要な人たちを早く発見し、お互いに負担にならない範囲で、声掛け、訪問、見守り等の生活支援をしていく仕組みづくりが必要となっています。
 市では「ご近所福祉ネットワーク活動」として、この活動を支援しています。

【問合先】鯖江市民生委員児童委員協議会連合会事務局(社会福祉課内) TEL 53-2264

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル