ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 平成30年12月号 通常版

インフルエンザの感染を防ぎましょう!

10/34

福井県鯖江市

秋から冬にかけて、インフルエンザが流行する季節です。インフルエンザを防ぐためには、下記の実践をはじめ、予防接種を受けることや、普段から十分な睡眠とバランスの良い食事を心掛け、免疫力を高めておくことも重要です。感染を広げないために、一人一人が「かからない」「うつさない」対策を実践しましょう。

◆正しい手洗いをしましょう!
・外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。
・ウィルスは石鹸に弱いため、石鹸を用いて正しい方法で手を洗いましょう。

(1)流水でよく手をぬらした後、石鹸をつけ、手のひらをよくこする。
(2)手の甲をのばすようにこすりつける。
(3)指先・爪の間を念入りにこする。
(4)指の間を洗う。
(5)親指と手のひらをねじり洗いする。
(6)手首も忘れずに洗う。

◇手洗いの前に
・爪を短く切っておきましょう
・時計や指輪は外しておきましょう

◆マスクを着用しましょう!!
くしゃみや咳がでる時は、飛沫(ひまつ)にウィルスを含んでいるかもしれません。
くしゃみや咳が出ている間はマスクを着用し、使用後のマスクは放置せず、ごみ箱に捨てましょう。
また、マスクをしていても、鼻の部分に隙間があったり、あごの部分が出たりしていると、効果がありません。
鼻と口の両方を覆い、正しい方法で着用しましょう。

問合先 :健康づくり課
【電話】52-1138

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル