ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 平成30年2月号 通常版

「くらし」や「しごと」の悩みをご相談ください

9/41

福井県鯖江市

自立促進支援センターでは、様々な理由で生活に困っている人への相談支援を行っています。
不安や心配のある人は、一人で悩まずにご相談ください。

◆相談から支援までの流れ(無料相談・秘密厳守)
1.困っていることを何でも話してください。
・相談支援員が就労や家庭、心身の問題など抱えている状況を広くお聴きします。
※プライバシーに配慮した相談室でお話しを伺います。
・窓口に来られない場合には、訪問することもできます。

2.今ある課題を一つずつ解決していきます。
・抱えている課題を分析し、各種支援機関と連携して一人一人の課題解決に向けて連絡、調整、必要な手続きのお手伝いをします。

3.生活の安定・自立のために一緒に目標に取り組みましょう。
・相談支援員とともに課題を解決しながら就職などを通して、生活の安定、自立を目指しましょう。

◆こんな相談が寄せられました
〔相談者〕
会社が倒産し気力を失ったAさん(47歳男性)

〔概要〕
Aさんは妻と娘の3人家族。勤めていた会社が突然倒産し無気力状態になりました。それからは妻がパートを 掛け持ちして家計を支えていますが、夫婦仲が悪くなり、その影響からか中学生の娘が学校を休みがちになり、 生活態度も悪くなってきました。Aさんは娘の将来が心配になり、自立促進支援センターにやってきました。

〔支援の経過〕
(1)「本当はこのままではいけないと思っているが、どうしていいのかわからない」とAさんは支援員に打ち明け ました。
(2)支援員が家庭にも足を運び、家族にも話を聞いて状況の把握を行いました。
(3)支援員がハローワークに同行し、専門の職員と面談を重ねた結果、Aさんは前の会社と同じ職種に就くことが できました。
(4)Aさんが就職したことで、妻はパートの数を減らすことがで きました。それにより、心に余裕ができ、夫婦や親子の会話 も増えてきました。
(5)家庭環境が安定に向かい、Aさんの娘の生活態度は改善され、 進学や将来の夢などに目を向けるようになりました。

→ 本人だけでなく状況に合わせて、家族ぐるみの支援も行います

問合先:自立促進支援センター(市役所2階) 【電話】25-3000

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル