ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 平成30年3月号 通常版

「かかりつけ医」を持ちましょう

12/45

福井県鯖江市

急な病気はもちろん、健康のこと、医学や医療のこと、些細なことも気軽に相談できる「かかりつけ医」を持ちましょう。
高齢者のうち75%は何らかの病気で通院しています。何でも話せる「かかりつけ医」を持つことが安心した生活につながります。

◇大きな病院とかかりつけ医の違い
国や県は総合病院などの大きな病院とかかりつけ医の機能分担を推進しています。
大きな病院……重篤な時や専門的な医療を受けるとき
かかりつけ医…日常的な診察を受けるとき

◇かかりつけ医のメリット
1.大きな病院に比べ待ち時間が短い場合が多く、受診の手続きも簡単。
2.入院や検査などが必要な場合、適切な病院や専門医を紹介してくれる。
3.経過を把握した上で、じっくり診察してくれる。

◆地域に“寄りそ医”25年のかかりつけ医が教える「在宅ケアセミナー」
日時:3月17日(土) 午後1時~午後3時45分
会場:アイアイ鯖江・多目的ホール
日程:
●13:00~13:50 介護出前講座
・腰痛にならないための体の起こし方
・移動・移乗方法
・講師:福井県理学療法士会

●14:00~15:30
・講演:「いい人やった」その一言のために~さまざまな看取りの経験から~
・講師:おおい町国民健康保険名田庄診療所所長 中村 伸一先生 ※講演のみの参加もできます。

申込方法:電話またはFAXでお申し込みください。
申込締切:3月16日(金)

申込・問合先:地域包括支援センター 【電話】53-2265、【FAX】51-8157

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階