ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 平成30年3月号 通常版

めがねのまちさばえ大使通信 最終回

5/45

福井県鯖江市

『今後も大使として頑張ります!』

仮面女子が「めがねのまちさばえ大使」になってから約1年が経ちました。私たちが初めて鯖江に来たのは6月の「めがねのまちさばえフェスティバル」の時です。その際、鯖江の皆さんに温かく迎えていただき、鯖江のために自分たちができることを精一杯がんばろうと思いました。
まずは「大使として鯖江のことを知らなければいけない」と思い、鯖江のいろんなところを訪問させてもらいました。その中で感じたのは、鯖江は眼鏡・繊維・漆器などのものづくりを始め、自然、文化、ITなどいろんな魅力があるということ。めがねミュージアムでは眼鏡を作るにはたくさんの工程が必要であることに、うるしの里会館では越前漆器の技術を使って作られた巨大な山車に、西山動物園ではレッサーパンダのかわいさに驚きました。その他にも河和田に行った時には、夜にホタルが舞う光景を見ることができました。生まれも育ちも東京の私にとって初めての体験で、とても感動的でした。知れば知るほど鯖江市には魅力的なものがたくさんあると感じています。私は大使としてこのような鯖江のいろいろな魅力を伝えていきたいと思っています。先日、仮面女子は新体制となりメンバーが大幅に増えました。それによりもっともっと鯖江のPRができることになると思います。鯖江のことをさらに勉強して、この素晴らしいまちの魅力をいろんな方法・場所で発信していきたいと思います。これからも「めがねのまちさばえ大使」の仮面女子をよろしくお願いします。

文:立花 あんな
仮面女子のセンター
仮面女子課長
女優・タレントとして マルチに活躍

◆「めがねのまちさばえ大使」仮面女子プロフィール
秋葉原を中心に活動。ライブ本数は年間1000本を超え、さいたまスーパーアリーナでのワンマンライブ、オリコンウィークリーチャート1位を取るなど、最強の地下アイドルの名をほしいままにしている。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階