ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 平成30年4月号 通常版

国民健康保険税率改定を見送ります

6/35

福井県鯖江市

平成27年度下期~28年度上期に保険給付費が大幅に増えたため、財源の確保を目的に平成30年4月1日から国民健康保険税率の値上げを予定し、これまで広く周知してきました。しかし、現在の状況から市国民健康保険運営協議会に諮問し、同協議会の答申を受けて市議会で審議した結果、平成30年4月1日から予定していた国民健康保険税率の値上げを見送ることとなりました。

◆現在の状況
・平成28年度の国民健康保険特別会計の決算の黒字化(新薬の価格低下と高額給付の減少などの影響)
・平成29年度の同会計が黒字の見通し
・平成30年度の同会計が現在の国民健康保険税率による歳入で賄える見通し

◆市国民健康保険運営協議会の答申
国民健康保険事業の運営に関し必要な意見の交換や、調査、審議を行う市国民健康保険運営協議会から次のような答申がされました。
・平成30年4月1日から予定していた国民健康保険税率を白紙に戻し、状況を十分に把握した上で必要な時期
・幅で税率改定を行うこと ・税率の改定を行う時には急激な負担増にならないよう、時期と改定幅を考慮すること
・適正な額の基金を保持し、基金(貯金)が底をつくことがないよう税率の改定を行うこと

今後とも、市民の皆さんの健康増進と医療費の適正化に取り組んでいきます

問合先:国保年金課 【電話】53-2208

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル