ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 平成30年9月号 通常版

まちの話題・・・カメラウォッチング

5/33

福井県鯖江市

◆7/21 海外の子どもたちが異文化交流 ライオンズクラブ夏季ユースキャンプで来日
グローバルな人材の育成を目的に、鯖江ライオンズクラブは市内外の中高生50人とホームステイに来ていた24カ国36人の同世代の子どもたちを集めて交流会を開催しました。子どもたちは小グループに分かれ、西山動物園や福井鉄道を利用して市内外を散策。そのあとの晩餐会では市が取り組む「持続可能な開発目標(SDGs)」の紹介や、剣舞、花笠音頭などを体験し、楽しみながら異文化への理解を深めました。

◆7/22 吉川ナスで事故をなくす 鯖江市役所JK課が交通安全を呼び掛け
田村町で交通安全茶屋が開かれ、鯖江市役所JK課や吉川小学校の児童を含む約20人がドライバーに安全運転を呼び掛けました。啓発チラシとともに「事故をなくす」をもじって吉川ナスを約100セット用意。「安全運転をお願いします」と声を掛けながらにドライバーに手渡しました。鯖江交通安全協会吉川分会の笹川義信会長は「夏は睡眠不足や過労による運転が増える季節。吉川ナスを見るたびに今日のことを思い出して、安全運転に気を引き締めてもらいたい」と話しました。

◆7/28 新たな魅力で伝統を盛り上げ 第45回やっしきまつり開催
今年で45回を迎えたやっしきまつりが、西山公園で開かれました。子どもからお年寄りまで多くの人が集まり、ふるさとの踊り「やんしき踊り」を楽しんでいました。また、今年は45回を記念して前日に古町商店街(本町2)での前夜祭や各団体が制作したオブジェなどの展示も行われました。やっしきまつり実行委員会の近藤定市委員長は「45回という節目であったことから、いろんなことに挑戦させてもらった。伝統あるこのまつりを今後も盛り上げていきたい」と話しました。

◆発見!まちの魅力 三場坂清水(上河内町)に四阿(あずまや)が完成
「ふくいのおいしい水」にも認定されている三場坂清水。ラポーゼかわだより東へ約1.3キロメートル、山道を300メートルほど登ったところにあります。古くから地域住民の飲料水として親しまれてきました。この度、この清水に四阿が完成しました。建てたのは、清水を管理する「鯖江継体の会」。会長の池田利治さん(上河内町)は「近くには水車もあり、自然を満喫できる。たくさんの人にこの素晴らしい清水に来てもらいたい」と話していました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル