ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 平成31年1月号 通常版

「元気さばえっ子・ゆめみらい債」を販売します

13/38

福井県鯖江市

「元気さばえっ子・ゆめみらい債」とは市が発行する債券です。一昨年度と昨年度は初日で完売しているので、購入はお早めにお願いします。

同時期※個人向け国債より高金利
※平成30年12月発行
市の発行だから安全性が高い

購入手続期間:1月18日(金)~28日(月)
発行総額に達した時点で締め切ります
販売時間はいずれも9~15時。
20日(日)は福井銀行鯖江支店の窓口のみ販売を行います。
19日(土)、26日(土)、27日(日)は販売を行いません。

発行日:1月31日(木)

発行総額:4億円

取扱金融機関:
(株)福井銀行(市内5店舗)
鯖江支店、神明支店、河和田支店住吉支店、東鯖江支店
登録金融機関:北陸財務局長(登金)第2号
加入協会:日本証券業協会一般社団法人金融先物取引業協会

対象事業:
市内小中学校整備事業
市内認定こども園整備事業 等

「元気さばえっ子・ゆめみらい債」の発行条件:

購入方法:
購入手続期間内に、福井銀行(市内5店舗)の窓口で販売します。
1月18日(金)は、ふくぎんKuruza(福井銀行移動店舗車)が市役所に出張し、販売します。 ※販売は先着順。
※発行総額4億円に達した時点で販売を終了します。

◆金融商品取引法に基づくリスク等の説明について
◇金融商品市場における相場その他の指標に係る変動などにより損失が生じるおそれがあります。
地方債の市場価格は、基本的に市場の金利水準の変化に対応して変動します。金利が上昇する過程では債券価格は下落し、逆に金利が低下する過程では債券価格は上昇することになります。したがって、償還日より前に換金する場合には市場での売却となりますので、売却損が生じる場合があります。また、市場環境の変化により流動性(換金性)が著しく低くなった場合、売却することができない可能性があります。

◇有価証券の発行者の財産の状況の変化などによって損失が生じるおそれがあります。
地方債は、元本と利子の支払を地方公共団体が行うため、安全性は高い商品ですが、発行者である鯖江市の信用状況の悪化等により、元本や利子の支払いが滞ったり、支払不能が生じるリスクがあります。

◇地方債のお取引は、クーリングオフの対象になりません。
地方債の取引に関しましては、金融商品取引法第37条の6の規定の適用はありません。また、地方債は預金ではありませんので、預金保険の対象ではありません。

◇その他、お求めの際、契約締結前交付書面等の内容を十分にご確認ください。

問合先:財務政策課
【電話】53-2220

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル