ユーザー登録
文字サイズ

広報さばえ 平成31年2月号 通常版

「住民主体の訪問型生活支援サービス」実施団体へ助成します

8/47

福井県鯖江市

「住民主体の訪問型生活支援サービス」とは地域団体などが、簡易な生活支援があれば、居宅で自立した生活を送ることが可能な人の自宅を訪問し、ごみ出しや買い物などの日常生活を支援するサービスのことです。市では同サービスを実施する団体に対し、補助金を交付します。

◆補助対象要件
次の要件を全て満たす団体
・要支援1、2の人、健康チェックリストで該当となった人(事業対象者)で、地域包括支援センターが必要と認めた人に対して生活支援を実施すること。
・ボランティアコーディネーター(サービスの利用調整を行う者)を1人置き、サービス従事者を3人以上置くこと。
・活動区域は町内会を最小単位とすること。
・生活支援サービスは、以下の第一号サービスまたは第二号サービスのメニューの中で、1つ以上実施すること。

◇第一号サービス(介護サービスの訪問介護生活援助に位置付けられているサービス)
・居室内やトイレなどの掃除
・ゴミ出し
・洗濯
・洗濯物の取り入れと収納
・アイロンがけ
・利用者不在のベッドでのシーツ交換、布団カバーの交換など
・衣類の整理、衣替え
・被服の補修
・一般的な調理
・配膳、後片付け
・日常品などの買い物(内容の確認、品物・釣銭の確認を含む)
・薬の受け取り

◇第二号サービス(介護サービスの訪問介護生活援助に位置付けられていないサービス)
・布団干し
・草とり、花木の水やり
・犬の散歩などペットの世話
・窓のガラス拭き
・照明器具などの交換
・家具・電気器具などの組み立て・移動
・資源物出し
・不用品の処理
・書類・郵便物などの確認、手続きの助言
・新聞書類などの代読、パソコン操作
・散歩・買い物・集いの場など外出時の付き添い
・雪かき
・灯油つぎ
・冷暖房器具の入れ替え
・話し相手
・囲碁・将棋の相手
・その他市長が必要と認めるサービス

◆申請できる団体
(1)町内会
(2)地区社会福祉協議会
(3)その他、老人クラブ、NPO法人、ボランティアグループなどの非営利団体

◆補助対象
・経費立ち上げ経費(初年度のみ上限20万円)
・運営経費(年間上限2万円×実施月数)

◆利用者負担
利用者からの利用料は実施団体で設定する。(例:ゴミだし利用1回当たり100円など)

問合せ・申込先:地域包括支援センター
【電話】53-2265

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル